« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010/08/31

たかが県予選の決勝で観衆500人越えはすごい(8/29)

8月を終わろうとしている日曜。まだまだ暑いなんてもんじゃない日々が続いているがカレンダー的には有無をいわさず秋へと移行していく。来週には秋冬スポーツのメインとも言えるラグビーだって開幕するし、ハンドボールも日本リーグが開幕する。と、サッカーだって秋へと移行。天皇杯の各都道府県予選がこの週末軒並み決勝戦となった。来週にはもう本戦の1,2回戦を戦わなくてはならない。で、自分の住んでいる神奈川県も日曜に保土ヶ谷サッカー場で決勝戦が行われた。先週、準決勝を観戦したこともあり決勝も観てみようという気持ちになった。決勝戦にたどり着いた2チーム、一つは関東リーグ1部をダントツで制覇したYSCC。もう一つは県リーグ1部に在籍しており飛び級でのJFL参入を狙っているSC相模原。と、なかなかに面白そうな一戦になりそうな予感があった。実際、会場についてみるとサポーターが両チーム大勢やってきており小さいなりにメインスタンドを満杯しいっちょまえにゴール裏にまでサポーターが居並ぶ状況となった。いままでの神奈川予選では東海大学が幅を利かしていたのでクラブチーム同士が決勝に残るのは珍しい。しかも両チームともにJFLを目指して頑張っているチーム。そのせいもあっての大入りだ。
準決勝を見た時点での印象では組織のYSCC、個人技での一点突破な相模原というところ。接戦になるのか一方的になるのか予想しづらい。と思いながらキックオフとなった。
開始直後はお互いに慎重なゲーム運びで中盤での競り合いとなる。相模原が持ち込み、YSCCが奪って速攻という形が繰り返される。そして先制点はやはり相模原の攻撃を止めたYSCCの縦のフィードをFWが見事持ち込んでのシュートが決まった。YSCCが先行。そしてゲームの帰趨をこれが大きく決めてしまった。以降は相模原が個人技に頼って連携がくずれてしまい今ひとつ攻め手を欠く様になりYSCCの逆速攻がきれいに決まっていく。前半はいずれも速攻の得点でYSCCが3-1で終了。相模原もPKで1点返したもののこのままでズルズル劣勢のまま終わってしまう。さー、後半はどう立て直すかと思っていたが、相模原としては戦術的にうまく噛みあわないままでYSCCの攻撃にさらされさらにPKで1失点。これで試合は決した。終了間際に1点とったものの大勢に変化なし。4-2でYSCCが勝利しての優勝。2年ぶり3回目の天皇杯本戦への出場を決めた。1回戦の相手は鹿児島の鹿屋体育大学。ぜひこれを突破して2回戦の川崎フロンターレと対戦してほしいものだ。

と、天皇杯の決勝を観戦したのは今回が初めてであった。帰省中も滋賀県予選の準決勝を見るなどサッカーの3,4,5部といったカテゴリーを見るようになってもう10年以上たつがそれでも天皇杯も本戦だけでなく予選も盛り上がってきているなということを今回は神奈川予選で実感した。後2,3年たったらこの盛り上がりが全国の都道府県に広まるのではないかと期待する。実際、スポーツニュースで散見しても一つの県のなかに有力クラブチームが2つ以上あるところは非常に決勝が盛り上がっている(長野とか長野とか長野とか)。是非、各都道府県のサッカー界において祝祭的な位置を占めるようになってほしいと願う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010/08/30

毎度ながらここの食い物の値段は高い(8/28)

この土曜日は夏の終わりに行われる社会人野球のお祭り、都市対抗野球を観戦に東京ドームへと足を向けた。チーム的には応援をしたいと思うチームは一切ないので来る度に好奇心モードで各チームを眺めてしまう。しかも1日まるごと3試合を見るので遊び心がなければやってられない。という訳で第1試合からバックネット裏に鎮座。1試合目は住友金属鹿島-九州三菱自動車の組み合わせ。前回は見つけることができなかった、鹿島アントラーズのしかおが住金のユニフォームを身に纏って登場。なんとっ!!!。今では鹿島の前身が何だったか解からない人も増えたであろうが、そう住金なのよ。他のJクラブのマスコットも親企業だったりスポンサー様だったりするチームに応援しにこないかなーー。相手の三菱もアビスパのマスコットがきたら面白いのに。と、全く試合とは無関係なことばかり感心が向いてしまった。一方で試合は1点を争うシビアなゲームとなり9回表の1-1の場面で住金鹿島がやっとこせのタイムリーで勝ち越し。2-1で振り切った。で、住金の動員力のすごさは前回5年前の時も凄かったけど今回も凄かった。一体どこからこんな集めるのだろうか。住友グループで総動員なのかなー、と思案。
2試合目はトヨタ自動車-三菱重工神戸。グランパスくんはこなかった。グスン。一方の三菱重工は神戸以外にも横浜、名古屋、広島と4事業所も出場を決めている。事業所単位での運営とは言え参加にともなう費用は大変だろうと思う。でも、天下の三菱重工なら屁でもないか。しかし、三菱系はさっきの自動車もそうだけど、みんな「三菱賛歌」を歌うのね。しっかり覚えてしまったではないか。一方のトヨタも応援団に金かけているのが明らかにわかる。いや、あんないろんな出し物だし続けるのは大変だ。と、応援団見物をまたやってしまった。ついでの試合の方はこちらも接戦。2-2で延長戦に突入し10回表、トヨタが2ラン、ソロホームランを放って試合を決めた。5-2でトヨタ自動車の勝利。と、目的がおかなしな方向へとどんどん向いていく。
で、3試合目は前回大会の覇者、ホンダ-JR四国の一戦。ホンダの応援団には女性コールリーダーが2人いるのだがこの2人が歌う歌のメロディーラインがなんともすごい。好意的に言えば意図していないコブシというべきか。悪口ならオ○チなのか。微妙なピッチのずれが別世界亜空間へと誘うかのような。なんともかんとも。一方のJR四国はどうやら慶応大学の応援団がバイトしているようだ。他の会社の応援比べたら簡素だが、その分シンプルでも解かりやすく感じてしまう。この試合も接戦、2回ホンダが勝ち越すのだがJR西日本も追いつく。が、追い越せなかったのが敗因。9回にホンダが主砲の一撃で勝負を決めた。8-5でホンダの勝利。
と言う訳で試合についてもそれぞれが接戦だったので見ていて面白かった。一方でやはり都市対抗の花は応援合戦であるのだが、応援というよりは宴会芸の出し物といった方が正しい。企業がどれだけ見栄を張って遊びを披露する発表会のように思えた。というかいつも思っていることか。サッカーのサポとは全く異次元な世界であることは間違いない。個人的には居心地いいとは思わないが日本的にはありなんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/23

盆休みの行動

2010年の盆休み。毎度の旧盆の季節に休みを取らせてもらっている。仕事仲間に感謝。な、訳で普通に帰省先へ帰った。ほんとは登山もしようという話になっていたのだが、世間的には猛暑で雨なんか降ってないイメージであるが、運悪く目的地が天候不安定な予報となってしまい早々に断念となってしまった。しかも2年連続。個人的にはすでに槍ヶ岳に登っているので私はあまりショックはないが誘った方はかなり無念だったよう。すまんのーー。私、雨男じゃないからね。
でならばとばかり、週末に付近でのサッカー観戦をした。一つは滋賀県の天皇杯予選準決勝。まあ、よほどの好き者でないと見にいかない試合だけども、まーいいじゃないか。とばかり大津市にある皇子山陸上競技場へ2試合観戦。
1試合目は3部JFL所属のMIOびわこ草津対4部関西リーグ1部所属のルネス甲賀の一戦だったのだがこれがまた草津の一方的なしかもとんでもない夢スコアな試合になってしまい16-1で草津の勝利。どうも、ルネス甲賀側においてモチベーション的な問題があったような気がする。でなければここまで差がつくはずはないのだが。
もう一つ2試合目は5部関西リーグ2部のTOJITSU滋賀FC対関西大学リーグ1部所属のびわこ成蹊スポーツ大学の一戦。こちらはびわこ成蹊の方が有利か?、と思っていたら見事覆されてしまい滋賀FCが少ないチャンスをしっかり決める試合展開で3-0と勝利。決勝は草津-滋賀の対決となった。双方ともに少ないながらもしっかりとサポーターを引き連れているので決勝戦は熱の入った一戦となることが予想される。
さらに、同じ日にもう一試合。ここから隣町(なのよ)の京都に移動して西京極陸上競技場へ。今度はJ1リーグの京都-セレッソ大阪戦を観戦。久方の西京極であった。関西勤務の頃は京都ホームのJリーグへはほんとに通っていた。その頃から京都は1部と2部を行ったり来たりしていたがどうやら今年も2部落ちのルーチンに陥ったようだ。いい状態が3年続かないのが京都の悪い所。1部に上がってから本来なら主力となるべき選手の伸び悩み、そして2部に落ちてから選手全トッカエを敢行してしまうの繰り返しとなっている。この日も失点を恐れてディフェンシブに闘っていたのだが最後の最後でセレッソの家永に叩き込まれての0-1での敗戦。チームとしての能力は高いはずだけに勿体無いとしか言いようが無い。
そんな週末を終えウィークデイは怠惰に過ごして帰省終了。で、戻ってきての今週末も出かけてしまった。少し貧乏性か。土曜日は代々木の第1体育館でバレーボール女子のワールドグランプリ予選リーグを観戦。オランダ-ドミニカ、イタリア-日本の組み合わせであった。日本以外はどうもお試しモード的な要素がかなりあって焦点は10月の世界選手権にあっているようだ。こういう時にどんな大会でもフルメンバで挑むという日本のくそ真面目な態度というのはあまりよろしくないというかなんというかなのである。
試合結果はオランダとイタリアの勝利であったのだがこんな試合においてでもわかってしまうのが終盤の5点を取るための技術と精神力の違いというもの。先ほどはフルメンバである日本と書いたがそれでも実はこれが精一杯ではないはずとも思うのだがセッターが世代交代できていない以上ある程度先は読めてしまうのかな。とも感じた。
で、も一つ、日曜はまたもや好き者の世界。天皇杯のこちらは神奈川予選の準決勝を保土ヶ谷で観戦。第1戦はJFLへ飛び級での昇格をひそかに狙う6部(なんと)神奈川県1部リーグ所属のSC相模原対関東大学リーグ2部所属の桐蔭横浜大学。
政令指定都市になったのだからそれに見合ったなにかしら自慢となるものを作りたいのか、相模原にJリーグ志向のチームが誕生してまだ2,3年のはず。だが、すでにこのSC相模原、Jリーグの準会員に加盟しており本気度は相当のもの。選手をみてもかつて(といっても2、3年前にはバリバリのレギュラーだったような)のJリーガーを相当数擁しており、個人技だけで県リーグや地域リーグを勝ちぬけてしまうかもしれない陣容だ。でも、だからといって今シーズンにJFLへ飛び級できるかどうかは判らない。この試合も含めて天皇杯や全国社会人大会での成績如何で挑戦権が得られるかどうかという状況。だけに負けは一切許されない。この試合も桐蔭横浜に隙をつかれて先制されるもその後はFWの個人能力の差で一蹴してしまった。結果は5-1での余裕のある勝ち抜けであった。すでに相当数のサポも引き連れており気合充分であった。
もう1試合は4部関東リーグ1部所属のYSCCと横浜F.マリノスユースの一戦。ユースだけに体格的な不利があったがパスワークでは相手を上回る力をもっていたマリノスユース。試合も1対1ではぶち抜かれる場面が続出であったがそこをチーム戦術で耐えてパス回しで反撃していた。そこはJ1リーグでもユース育成には定評のある横浜のユース。もしかしたら勝てるかも、と思ったが今はそんなに甘くない。Jリーグ初期の頃の昔だったら関東リーグ相手だったら余裕で勝てていたのだろうけど、今はもう社会人4部リーグの方が強いのだ。頑張ったけど無念2-0でYSCCが貫禄勝ちであった。決勝は相模原-YSCCの一戦。サポも含めてこれまた熱い熱い戦いになりそうだ。
サッカーの世界では今や全国的にもユースや高校の強豪高が天皇杯の予選を勝ち抜いて全国大会に出場することはまず無くなった。それだけ社会人レベルで競技を続ける選手が増えたということなのが一番の要因なのだが、それに加えて社会人チームでも練習時間が少ないなりにもしっかりとしたトレーニングをするチームが県リーグレベルでもでてきたということが大きい。ほとんどの球技で言えるのが1部のトップ社会人チームを除けば、地域の社会人チームなんぞ、各県の1番手高校チームに勝てるわけが無い。例外はサッカーと野球だけだろう。バレーで言えば「Vリーグ所属以外のチームが東九州龍谷や深谷に勝てるか?」と問われてどう答える事ができるかというところだ。バレーに詳しくそして深く愛している人ほどこのことについてはアンタッチャブルなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/09

6000名超の観衆とはなかなかにすごい(8/7)

8月に入って夏真っ盛りという状況の中、来週にはイングランドではプレミアリーグ開幕するというから早くも秋冬スポーツが世界的には動き出す訳だ。で本来なら日本でもサッカーが開幕といきたいとろこだがご存知の通り、日本でのサッカーは春夏シーズンでスケジュールが消化される。ので、基本的には室内球技スポーツが秋冬スポーツになる。その一番手としてフットサル、Fリーグが開幕することとなった。4年目のシーズンを昨年と同じ10チームでタイトルを争うこととなる。
Fリーグの開幕週は代々木の第1体育館にてセントラル開催。全10チームが2日に分けて5試合を行う。その第1日目を見にいった。会場につくとかなりの観衆で驚いた。この日登場するチームは3連覇中の王者、名古屋オーシャンズに新加入したポルトガル代表のリカルジーニョが話題を呼んでいたのだが、それが目当てなのかな。兎に角、6000人を超える観衆というから相当なものだ。同レベルの動員が可能なのは後はバレーVリーグの決勝戦とバレーでの日本代表戦(TVマッチ)くらいなものだろう。やはり、1年1年Fリーグの勢いは増してきていることを実感するのであった。
その名古屋オーシャンズに挑むのがエスポラーダ北海道。第1試合でこのマッチアップが組まれた。名古屋がボール支配率を高めて圧倒するかと思いきや、北海道がボール支配率を高くするためにパワープレーをしかけるという奇策を仕掛けてロースコアゲームに持ち込む。2回、名古屋がリードするものの、それを北海道が追いつくというスリリングなゲーム展開で非常に面白かった。試合終了直前に北海道が追いつき2-2での引分け。名古屋としては勝ち点を失ったゲームと言えよう。どーも、この北海道のゲームプランを名古屋の監督が批判したようだが、スコアレスならその言い分も認めるが2回追いつかれてるからね単なる駄々っ子の言い分でしかないのが悲しい。
2試合目はバラドラール浦安-ステアミーゴいわて花巻。たぶん名古屋を倒す1番手は浦安なのではと思っているのだが昨シーズンは成績が思わしくなかった。それだけに今日の試合はどうかと思ったのだが、感想としては可も無く不可も無くと言ったところか前半で早々に3点先取してゲームをリードしたまでは良かったのだが後半はそのリードで安心したのか明らかにペースダウンしたゲームコントロールをしてしまい花巻の逆襲を喰らってしまった。なんとか2失点で押さえての3-2で勝利したもののちょっとこれは今シーズンも厳しいかなという感想を持った。
そして最後の3試合目はシュライカー大阪-府中アスレチック。これまた名古屋を倒す筆頭格である大阪。こちらも安定したゲーム展開とはいかなかったもののそれでも浦安よりは余裕を持って得点をあげて相手攻撃を防いだという印象。こちらの方が名古屋の4連覇を防ぐのには期待が持てそうだ。
Fリーグは今年も10チームでリーグが展開されるのだが、まだ全国リーグと地方リーグとの昇格や入替えといったルールは構築されていない。参加の門戸は開いているようだが手を上げるチームが現れていないのが現状のようだ。たしかに選手個人単位や名古屋などはプロとして活動しているものもあるが基本はハイアマチュアなリーグなので持ち出しが大きいのであろう。それでも前途したように勢いはあり、観客もがんばれば動員できる能力も秘めている。それだけに現時点でチームのない北信越、中国、四国といった地域からチームが手を上げてくれないかななんて思っている。特にJリーグチームを持つのは費用的に難しいと思っている地域なんかはお勧めなんだけどね。ある程度の大きさの体育館が優先的に利用できるのであればチームを持つことは可能だと思う。保有選手も12名程度で済むはずだから球技スポーツでは一番負担が小さいはずだ。バスケットのbjリーグもこの保有選手の少なさからくる費用負担の軽さがチーム数拡大の決め手となっていると私は思っているのでプロチームではないけれどもだーれかいないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/08/03

関東リーグの最終節を観戦したよ(8/1)

土曜日に神宮で世界大学野球選手権なる大会があったのでちょっと寄り道してその後、西が丘でサッカー3部JFLの横河武蔵野-佐川印刷の試合を連荘。
神宮では韓国-キューバ戦だったのだが、アメリカのメジャーリーグチームからのスカウト連中がわらわらといっぱいいたのが面白かった。ちゃんとスピードガンを携帯しているのがおかしい。その試合はキューバが一方的に韓国を破った試合であったが特にコメントすることもない試合であった。ただ暑かった。
西が丘の方は佐川印刷のフォワードが好調かつ武蔵野のパフォーマンスが全体に不調であったことから佐川が大量リードする試合となってしまった。結果的に4-1で佐川印刷の勝利。武蔵野はボールを回すラインが後方になるととたんに能力が落ちるのがキニナルところだ。
と、土曜日のお話はこの程度で、明けて日曜日はまたもや森深き4,5部の世界へ侵入。関東リーグの1,2部の最終節となる2試合を藤沢まで観にいった。
1試合目は関東2部の東邦チタニウム-SAI市原の一戦。東邦チタニウムはすでに優勝を決めておりその意味では消化試合でしかないが、市原は勝たないと県リーグへ確実に降格してしまう。勝っても他のチームの結果次第という厳しい立場だ。試合はその立場からくるモチベーションの差がでてしまう。わずか開始30秒で市原が速攻で先取してゲームを支配する。東邦も相手のボールキープをフォアプレスで奪っての得点で追いつくも試合の流れを変えるまでにはいたらなかった。その後も市原ペースが続き、後半に市原がペナルティーエリア内での見事なパス回しから決勝点をあげてそのまま逃げ切った。
SAI市原は勝利したことで勝ち点では他3チームと並んだのだが得失点差で降格ラインからの脱出には及ばなかった。それでもしっかりと意地は見せてくれたいい試合であった。
2試合目は関東1部の海上自衛隊厚木マーカス-FCコリアの一戦。厚木の方は立場的には先ほどの市原と似ており勝たないと関東2部への降格から脱出できないし勝ったとしても他チームの結果待ちの立場。一方、FCコリアは勝てば2位を確保でき全国決勝大会への出場権を得る可能性が大となる立場だ。それだけにこちらの方が試合は面白くなりそうな予感があった。実際、試合は2部よりも体をぶつけ合う激しい展開となる。でも、厚木の方が運動量がある。しばらしくして厚木が右サイドの崩しからのミドルシュートで先制。会場が藤沢ということもあってか厚木を応援している人達がかなりやってきていて歓声が揚がったのには驚いた。一方のコリアも後半に左サイドのクロスをねじ込んで同点にする。一進一退の展開が続いたのだが、最後に厚木がコーナーキックからの延長プレーからヘディングで押し込んでの決勝点を挙げて2-1で勝利した。
この結果、厚木はなんとか6位にあがり当座の降格ラインから脱出。一方のコリアは3位となり全国の道は閉ざされた。
今年の関東リーグこのように最終節まで各チームの順位が決定していない状況だったので小規模ながら一部の好事家からは多いに注目をあびていてブログやツィッターでも話題になり実際会場にいったら想像以上に観衆がいたのに驚いた。100人はいたのだよ。だんだんとサッカーを楽しむという行為が実際にプレーするだけでなく観戦するという行為も草の根まで広がり始めていることを実感した。この広がりが関東だけでなく全国へのムーブメントとなることを願う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »