« 盆休みの行動 | トップページ | たかが県予選の決勝で観衆500人越えはすごい(8/29) »

2010/08/30

毎度ながらここの食い物の値段は高い(8/28)

この土曜日は夏の終わりに行われる社会人野球のお祭り、都市対抗野球を観戦に東京ドームへと足を向けた。チーム的には応援をしたいと思うチームは一切ないので来る度に好奇心モードで各チームを眺めてしまう。しかも1日まるごと3試合を見るので遊び心がなければやってられない。という訳で第1試合からバックネット裏に鎮座。1試合目は住友金属鹿島-九州三菱自動車の組み合わせ。前回は見つけることができなかった、鹿島アントラーズのしかおが住金のユニフォームを身に纏って登場。なんとっ!!!。今では鹿島の前身が何だったか解からない人も増えたであろうが、そう住金なのよ。他のJクラブのマスコットも親企業だったりスポンサー様だったりするチームに応援しにこないかなーー。相手の三菱もアビスパのマスコットがきたら面白いのに。と、全く試合とは無関係なことばかり感心が向いてしまった。一方で試合は1点を争うシビアなゲームとなり9回表の1-1の場面で住金鹿島がやっとこせのタイムリーで勝ち越し。2-1で振り切った。で、住金の動員力のすごさは前回5年前の時も凄かったけど今回も凄かった。一体どこからこんな集めるのだろうか。住友グループで総動員なのかなー、と思案。
2試合目はトヨタ自動車-三菱重工神戸。グランパスくんはこなかった。グスン。一方の三菱重工は神戸以外にも横浜、名古屋、広島と4事業所も出場を決めている。事業所単位での運営とは言え参加にともなう費用は大変だろうと思う。でも、天下の三菱重工なら屁でもないか。しかし、三菱系はさっきの自動車もそうだけど、みんな「三菱賛歌」を歌うのね。しっかり覚えてしまったではないか。一方のトヨタも応援団に金かけているのが明らかにわかる。いや、あんないろんな出し物だし続けるのは大変だ。と、応援団見物をまたやってしまった。ついでの試合の方はこちらも接戦。2-2で延長戦に突入し10回表、トヨタが2ラン、ソロホームランを放って試合を決めた。5-2でトヨタ自動車の勝利。と、目的がおかなしな方向へとどんどん向いていく。
で、3試合目は前回大会の覇者、ホンダ-JR四国の一戦。ホンダの応援団には女性コールリーダーが2人いるのだがこの2人が歌う歌のメロディーラインがなんともすごい。好意的に言えば意図していないコブシというべきか。悪口ならオ○チなのか。微妙なピッチのずれが別世界亜空間へと誘うかのような。なんともかんとも。一方のJR四国はどうやら慶応大学の応援団がバイトしているようだ。他の会社の応援比べたら簡素だが、その分シンプルでも解かりやすく感じてしまう。この試合も接戦、2回ホンダが勝ち越すのだがJR西日本も追いつく。が、追い越せなかったのが敗因。9回にホンダが主砲の一撃で勝負を決めた。8-5でホンダの勝利。
と言う訳で試合についてもそれぞれが接戦だったので見ていて面白かった。一方でやはり都市対抗の花は応援合戦であるのだが、応援というよりは宴会芸の出し物といった方が正しい。企業がどれだけ見栄を張って遊びを披露する発表会のように思えた。というかいつも思っていることか。サッカーのサポとは全く異次元な世界であることは間違いない。個人的には居心地いいとは思わないが日本的にはありなんだろうな。

|

« 盆休みの行動 | トップページ | たかが県予選の決勝で観衆500人越えはすごい(8/29) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/49297931

この記事へのトラックバック一覧です: 毎度ながらここの食い物の値段は高い(8/28):

« 盆休みの行動 | トップページ | たかが県予選の決勝で観衆500人越えはすごい(8/29) »