« さて、福岡の試合なんていつ以来だろうか?って(9/19) | トップページ | またもや縁起物、縁起物。ありがたや(10/2) »

2010/09/27

3年後、このチームはどうなっているだろうか(9/26)

この飛び石連休も球技観戦に精をあげる状況であった。木曜日はひさしぶりにバドミントンを観戦。日本唯一の国際大会であるヨネックスオープンの2回戦を。5年前に見た、好試合みたいなのはなかったものの今日本で一番有名なダブルスペア(末綱、前田)の試合を中心に観る事ができた。日本人選手の成績は自分が見た時間帯では2勝4敗。卓球でも言えるのだがかつてのお家芸であったバドミントンで世界タイトルが獲れなくなって大分時間がたっている。でも、一時期のどんぞこからは脱出したようだ。男女ともシングルスで上位になる選手がでてきたし、なんてったってダブルスでは人気アイドルがでてしまう状況なんて考えられなかった。ユースでの育成の成果が少しずつではあるがでてきているのであろう。

土曜日はご近所等々力競技場でJ1観戦。川崎-ガンバ大阪の一戦を2万人越えの観衆の中で観た。うーーん、ガンバしぶといねー。リーグ前半戦は相当数の星勘定を落としてきたのだが、追い込みに成功。この試合も粘り強く闘って2-1で勝利。首位には勝ち点8差あるものの3位に浮上してきた。優勝は難しいかもしれないが3位以内のACL出場権確保はかなり可能性がでてきたと思う。となると、首位名古屋、2位鹿島、4位セレッソ大阪との直接対決は終了しているので日程、組み合わせ的には有利な状況なので多い面白そうだ。そして首位名古屋が2位鹿島に勝ち点7差。残り10試合でこの差。野球で言えば2.5~3ゲーム差の状況。鹿島にとってはかなり厳しい。しかし、直接対決を残しているだけにそれまでに勝ち点差を5以内にして対決に臨みたい。一方の名古屋は最低でも4勝3敗3分の勝ち点15くらいを稼げばほぼ優勝は間違いない。の、かな。ついに「東海の眠れる巨人」がリーグタイトルを奪取するのか。注目のリーグ終盤だ。

日曜日はで同じく等々力公園にある。とどろきアリーナでバスケットの男子JBLの東芝-日立戦を観戦。日本協会公認リーグのJBLと独立リーグbjの一応の和解が成立しての初めてのリーグ。なにかしらJBL側に変化があるだろうかと思ってみてみたのだが、それほどの変化はなかった。ただ、会場が川崎市で東芝のホームでもあるのでその分だけ少しホームチームへの応援の雰囲気を煽ろうという仕組みがあったかなという程度だった。3年後にはJBLとbjを統合して新リーグを発足させようという話になっているのだが、まだ端緒についたばかりなので動きはないのだろうか。3年なんて短いようであっという間だよ。ちゃんと調整、計画して行動しないとまたドタバタなみっともない姿を晒すことになるので頑張るように。で、ホームチームの東芝の神奈川県にbjリーグの新チームが発足することが決定した。ので、東芝はどうするのか態度を早々に決めなくてはならないはずだ。bjとあわせてプロチームになるのか。それともアマチュアのままでいるのか。いや、それとも。選択肢は色々あるとは思うが少数とはいえいるであろうファンを蔑ろにした決定だけはしないでほしい。
試合は東芝が常にリードをキープして余裕のあるゲーム運びを展開。日立も離されずにくいつくのだが5点差をどうしても詰めることができない。そのまま終盤まで進み、日立がファールゲームをしかけたが東芝は落ち着いた対処。83-74で東芝の勝利。4連勝で首位にたった。
で、運営に文句が一言。どうやら相当数の招待券をばら撒いたようですが。だからといってスタンド席に多くの空席がある状態で「チケット完売です。」ってしらっと言わないでほしいね。無駄に高い料金の席になってしまった私としては少々納得がいかない。ボールの奪い合いやボールが弾む臨場感を堪能はできたけども、私は俯瞰な方が好きなのよ。

|

« さて、福岡の試合なんていつ以来だろうか?って(9/19) | トップページ | またもや縁起物、縁起物。ありがたや(10/2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/49579607

この記事へのトラックバック一覧です: 3年後、このチームはどうなっているだろうか(9/26):

« さて、福岡の試合なんていつ以来だろうか?って(9/19) | トップページ | またもや縁起物、縁起物。ありがたや(10/2) »