« ここ2週のお話を(12/11,18,19) | トップページ | 年末・年始の行動、2011の巻 »

2010/12/29

年の締めは拳骨がとびかう荒っぽさで(12/25)

今年最後のおでかけは先週土曜日の駒沢体育館となった。まー、この時期は高校や大学、それに社会人が東京でトーナメント大会を色々と開催してくれるのでよりどみみどりな状況ではあるので悩むところであったが、好きな室内球技ということでハンドボールを選択した。
男子の日本選手権が最近、全国行脚を止めて東京で開催するようになったようで2年連続で観戦できることとなった。今年のハンドボール日本リーグはアジア大会と男子は1月に世界選手権、女子は12月にアジア選手権が開催されたことによりかなり不定期な開催となってしまった。自身試合を見れたのは開幕週での横浜の試合のみであったので久しぶりである。
で、男子日本選手権であるがこの土曜日は準決勝。残った4強は日本リーグ上位3強、大崎電気、大同特殊鋼、湧永製薬に5位のトヨタ車体が加わる形となった。第1試合は大崎電気-大同特殊鋼。で、この日はtwitterで最近情報のやりとりを少々する機会ができた、旧TK氏ことマスクドグリーン氏に会場でご挨拶。最近、氏はFC東京サポとさいたまブロンコスブースターだけでなく応援範囲の手を広げておりこの日は大崎サポとして活動。おなじみマスク姿でおもいっきり目立っていたのであった。
この第1試合は大崎のゴールキーパーが見事な読みからのセービングが成功し試合序盤こそ拮抗していた試合を大崎ペースにすることに成功した。一方で大同はシュートが決まら無いことで精神的に不安定なプレーが垣間見れ、2分間退場者を多くだしては大量失点をするパターンを繰り返してしまった。前半はそれでも点差を詰めていたりしていたのだが前半終了間際で同時に2名退場者をだしたときに明らかに集中力を欠いたプレーをしてここで大きな点差をつけられてしまった。事実上ここで試合終了。後半は大崎が点差を有効に活用した安定した試合運びでさらに点差を広げて終了。32-23で大崎が決勝進出。
第2試合は湧永製薬-トヨタ車体。こちらも前半は第1試合に似た展開。トヨタ車体が守備でリズムと取っての反転速攻で得点をあげる。湧永も守備から立て直すが点差が詰まらない。後半は湧永がペースを取り戻すもなかなか4点差から接戦に持ち込めない。やっと、追撃できるかと思ったときには時計が足りなかった。23-21でトヨタ車体の勝利。
よって決勝は大崎電機-トヨタ車体となった。この決勝はテレビ中継されていたので観ていたが、大崎が準決勝のコピーのような試合をしてくれた。守備からの反転速攻させるとこのチームは強い。攻撃力はもともと高いのに守備意識が高いのが強みだろうか。と言う訳でリーグとの2冠が現実実を帯びてきたかも。
2010もこれで観戦作業おわり。まーほぼいつもどおりだったような。ただ、新規開拓は今年も全くできなかったことが反省点。うーーむ。やっぱり採点競技を見たほうがいいのかなーー。それと武道系。いつも新年の抱負としての課題になるのだがいつも見送ってしまう。来年こそ。。。なのかな。

そして、ついで。自作データサイトであるこちら。天皇杯、女子日本選手権のデータを追加してかなり充実した。、と思っておりますので、ご贔屓してくれるとうれしいであります。では、良いお年を。

|

« ここ2週のお話を(12/11,18,19) | トップページ | 年末・年始の行動、2011の巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/75853/50428535

この記事へのトラックバック一覧です: 年の締めは拳骨がとびかう荒っぽさで(12/25):

» やっとブログ更新ハンドネタ [マスク・ド・グリーンのお話]
いやー、やっと落ち着いてブログを書ける・・・ 年末年始は時間があると思っていたんだけど、家にいるときは甥がかまって攻撃をしてくるもので・・ さて、今更ですが、先月23日と25日に観戦してきたハンドボール日本選手権の観戦記などを 走り...... [続きを読む]

受信: 2011/01/06 00:09

« ここ2週のお話を(12/11,18,19) | トップページ | 年末・年始の行動、2011の巻 »