« 2011年4月 | トップページ

2011/08/23

さぼりを反省。そのため山へ修行をしに行きました(嘘)

すいません。また、さぼっていました。
この4ヶ月、色々と試合観戦やら何やらしておりましたが、結局、自分に甘くだらだらしていたら今日まで続いてしまいました。
ということで、反省をしつつ、これからはできるだけちゃんと短くても書こうと思うところであります。
で、再開最初のお話は夏休みに行った登山行程のこと。毎度年1回程度、登山しにいくのではあるが、去年は槍ヶ岳へ往復2泊3日で強行軍をしかけてみたが、今回はちょっとやさしめのルートである笠ヶ岳へ行ってきた。このルートは先ほど書いた槍ヶ岳と穂高岳の連峰を常に眺めながらの山行が楽しめるところなのだ。
しかし、結論から言うと少し雨にたたられた。スケジュールとしては2泊3日での行程であったが初日からして昼の12時をすぎたら途端に雨が降り出し、強くなった。びしょ濡れで初日を終えて山小屋に逃げ込みなんとかなったけども景色を楽しむ余裕なんぞまったく無く疲労するだけになってしまった。
2日目は笠ヶ岳へ続く山脈にでての楽しい山歩きになるはずだったが、当然午後からは雨になるためのんびりと歩いて行く訳にもいかずとにかく休み無しで午前中に目的地に着くよう急いだ。本来なら途中でのんべんだらりとお茶したり写真とったりご飯を楽しんだりと言った事をするはずだったのを全て省略しての早歩き。最後はバテテシマッタ。それでも槍ヶ岳や穂高岳の景色は午前中だけはなんとか楽しめた。午後は雲と小雨で風景はまったく駄目だっただけに少しは救いがあったと思う。
最終日は下山で日本の三急登と呼ばれる笠新道を上りではなく下ったのだが下りでもなかなかタフな代物であると膝が実感した。もともと自分は下りがあまり得意ではない。加えて靴にトラブルが発生してソールが剥がれてしまい、踏ん張りがうまく利かない状態になってしまった。さらに、この道はいくら歩いてもジグザグの細かいステップを切りながら降りるのでなかなか高度が下がらない。結局予定より1時間余計にかかりながらもなんとか降りることができた。逆ルートは叶うなら歩きたくないです。

と、単に疲れるだけのために行ったようなものだがそれでもやめられない。でも、どんどん体力が落ちていることを実感する。下りはともかく上りでもあまり計画時間通りに上れなくなってきている。やはり、日頃からトレーニングしないともう駄目なのかな。と、早くも来年のことを想定してなんとかしなければと思っている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ