2006/03/18

意外に使えるフレッツスクェア3

今年は生誕250周年
てなわけで、クラシック業界はモーツァルトを全面に押し出し中。
NHKでもみごとのっかった企画番組「毎日モーツァルト」をBS2でやっているのだが、朝8:00のNHK-BS2って、このタイミングでみるのは私にとっては朝の習慣、Naxosとバッティングするのだ。
では録画してみているの?。しかし、そんなことは不要。
フレッツスクェアが全て解決してくれる。この毎日モーツァルトを翌日には配信してくれて第1回からアーカイブ化されているので、全て通し観ることができる。
極楽極楽と。
気負い無く聴けるのがモーツァルトのいいところだよね。後300回くらいつづくはずだから、ちょっと聴きカタログとして機能するかもしれない。
気に入った曲があったらNaxosで聴くなり、CD買おっと。
先週、ひさしぶりにティルソン・トーマスのヴィラ・ロボス「ブラジル風バッハ」買っちゃった。

※ 当然ながら、フレッツスクェアはNTTとフレッツ契約しないとみれませんのであしからず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/08

意外に使えるフレッツスクェア2

いや、それほどたいしたことではないのだが、NTT東日本側のフレッツスクェア
ACミラン・チャネルなる番組が10/5よりほとんど予告も宣伝もしないままご登場です。
対ラティオの試合の前半を見たりしたが、ちゃんと試合全映像を流しておった。
現在、対レッジーナ、シエナ、ラティオとの3試合。ホームゲームを見ることができる。

予告なく始まってるからいつまで続くのかわからんけど、今シーズンのセリエA分は配信するのではないだろうか。
Jリーグの試合でさえダイジェストなのにこれはなんと言うことだ。
ですのでShowTime4thMediaのからみもあるでしょうが、是非よろしく→Jリーグ機構のオエライ方。

夜更かししたり、CS契約するなんてしない人間(私のこと)にとってありがたいことでございます。
ACミランはさすがにすごい。どんな場面でも映像の中に2人以上、常に味方がいる。普通できんよ。
だからこそ、好き嫌いがはっきりでるんだろうけどね、イタリアのサッカーは。

西日本の皆様。見れることをお祈りしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/10/05

意外に使えるフレッツスクェア

WonderJukeが閉鎖して2週間。さびしい静かな朝が続くようになった。
Yahooミュージックもランダムすぎてどうも好みに合わない。
当分は昔の生活になりそう。
先月、Bフレッツを導入し、ルータの問題から今年4月以降フレッツスクェアにつなげない状態であった。
もっとも、NTT東日本のフレッツスクェアにはあまり触手にふれるコンテンツなどなかったのだが、2年前大津から川崎に移動する直前の4ヶ月間だけ、NTT西日本のフレッツスクェアで狂喜しながら聴いていたコンテンツがあった。大阪のシンフォニーホールonFlets である。残念ながらその時は2004年の4月に一度中断をしてしまい。その時に私自身も移動してしまったため、その後の経過については全く気づいていなかった。
関東でこれがみれないせいでWonderJukeに加入したくらいだもん。
その時のラインナップは相当面白かった。
大フィル、関西フィル、大阪シンフォニカー、大阪センチュリーの在阪楽団の定期公演や特別公演がロングショットOnlyだけど映像付の演奏を見ることができたし。たまに生中継をしていたりしていた。
いつの間にか復活したようで、なにより。中身はこれだけでは想像できないが、ブーニンさんが写真で写っているから決してレベルダウンはしていないようだ。
でも、関東じゃみれないのよね。フレッツスクェアって原則は都道府県単位で番組構成されているらしい。そして、西日本、東日本で番組が共有されずに異なるものが多い。
えーい。ガンダムなんぞ共有せんでもいいから、こっちを共有してくれ。東日本からはNewGenerationClassicをだすから。
(これもなかなかだが、オーケストラがないのが残念)
しかし、このガンダムを提供し始めてからマトモナコンテンツを提供しはじめるようになったのだから、ある意味ガンダム様様か。
たしかに今月のコンテンツをみても、ははは、一部マニアにはたまらんものが。
「あぶない刑事」のTVシリーズを期間限定無料配信だって。仲村トオル1人がみょーに若い。他のメンバーは時代の経過を感じさせない。ほめてないですね。
映画「バットマン」シリーズもなぜかある。そして韓流映画、アニメが一杯。(ここら辺は守備範囲外。仮面ライダーもあった。これは守備範囲か)
サッカーではJリーグonFletsのJ1、J2ダイジェストがなんといっても使える。将来は是非完全中継をよろしく。ついでにJFLや地域リーグも検討してください。

こそっといおう。東日本と西日本。さっさと合併せい。これはあくまでも個人レベルの要求を満たすためだけの声である。
(当然ながら、NTTとのフレッツ契約をしていないとこれらコンテンツは見ることはできません。あしからず)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/17

光を導入

NHK-BSで横浜−FC東京を観たが、FC東京のルーカスはかなり危険な頭の打ち方をしていて、非常に心配だ。(下から頭が大きく揺さぶられてた)
脳震盪を通り越して、脳内出血でないことをいのる。

また、実は平行で、富山県山岳警備隊のルポ番組を平行で観ていたのだが、こちらも壮絶。私ももう中高年登山者のルーキー扱いになる年であるだけに、第3者的にはみることはできなかった。
だが、3時に山小屋出発するようなことを平気でしてはいけない。こんなことをすると1日の行動時間が12時間をかるくこしてしまう。
ただでさえ体力が衰えている。普段運動していない。たとえ長丁場行動を計画するにしても休憩を含めてもせいぜい5時から16時くらいまでに行動を収める必要がある。14、15時間も行動していると最後の3時間くらいは肉体的にも精神的にも疲労困憊になっている。死ぬ確率を自ら高めているのだ。
予備日を持つなど行動日数を増やさないと。とにかく、ブームに乗せられて登山はしない方がいい。結局、命は自分でしか守れない。

今日、NTTのADSL8MからB−FLETSのマンションタイプに変更。
今までだと、無線LAN、プロバイダを介して、実質2,3Mいけば御の字であった回線速度がコンスタントに8Mを越すようになった。こんだけいけば映像コンテンツでもほとんど問題はないはず。
実感速度としても、新聞等のサイトは反応が早くなっている。一方、掲示板、ブログのようなサイトではサーバ性能の方がネックとなっているのであまりかわらない。
現在、フレッツスクェアが使えない環境になってしまっているので、これを改善しよっと。それ以外にも映像はこれから主流になりそうなのでとりあえず、インターネットサッカー中継を楽しみしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/21

電車の中で「メフィスト・ワルツ」を聴くぜ

携帯電話の機種をFOMAのF901iCに変更してからほぼ、5ヶ月たった。
そのおかげで、写真をとったりすることができるのだがどうも物足りない。
やはり、もう少し音楽関連で使いこなさないと。。。と思い、少しだけ試行錯誤を行うことにした。
たいしたことではないけど、midiデータを使ってF901iCをmidiプレーヤーにできないかということを試したのであった。

私のPCにはいまだに後生大事に「The Pianist」の1,2がインストールされている。
聴く曲はそんなにいろいろではないが、ピアノ曲であれば充分な音質で楽しめることとデータの軽さからくる扱いやすさのおかげで携帯電話で扱うのに適しているだろうという予想をした。
事実、FOMAはmidiフォーマットをそのまま扱えるので変な形式変換は必要ない。
(ただし、SDメディアの保存先ディレクトリは規格にそっておく必要がある)
一番のお気に入りである「イスラメイ」と「高雅で感傷的なワルツ」をSDメディアにコピーして携帯電話で再生。
・・・・・
高音のピアノの音質としてはあまりたいしたことはないが、ながら聴きをする程度であれば実用に耐えることができそう。通勤時に使おうっと。

ただし、複数曲の連続再生ができないのはつらいなーーー。
着メロとしての用途しか考えていないせいか。もうしわけないが、そんなもんには興味ない。
mp4の音源形式だと連続再生が可能なんだから、やろうと思えばいくらでもできるはずだよ。
(というわけで、ファームのアップデートで対応してくれ→富士通様)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/18

yahooニュースのへんな記事集め

yahooやらgoogleやらgooでも最近では、報道各所から配信されている記事を自動的に収集、再整理してヘッドライン化して再配信するようになっている。
それはそれで便利なのだろうが、時々、「????」となるものが散見できる。
今日はその典型を見つけてしまった。
ここはスポーツのバスケットの記事を配信するところなのだが、何故「「花登筺賞」入賞作を発表 大津市、最優秀賞など32人選ぶ」がここの一覧にのるんじゃ。
これは
バスケットボールの和名「籠球」の訓読みの「かご」と「筺」の読みの「はこ」を変に混同しているな。
たぶんにいろんな日本語のマッチング処理をしているうちにこうなったんでしょうが、こういうのは恥ずかしいから早く人間が最終的にはチェックして介入せんと。自動化しないとお金にならないでは稚拙でしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/28

WonderJukeの使い心地

川崎に住むようになってから、クラシック音楽のCDを買うお店が近くにないことに気づいてしまった。
そのためだけに川崎駅近辺へいくのもいやだし、川崎駅近辺もどちらかというと枯れてしまったか。
となると、横浜、渋谷、秋葉原へいくのか。遠いな。
といいつつも、少しは買っている。なんか中原区あたりでいいとこあります。

でも、一方で、山尾好奇堂
CLASSICAなどで紹介されてた
WonderJukeClassicを利用するようになった。

これは、マイクロソフトのIEとMediaPlayer、そしてMacromediaのFlash の組み合わせでの
ストリーム(最近はいわんか)でのジュークボックスを目指した代物である。
月800円。 そして現在の収録曲 は12891曲 (もちろん重複あり)とのこと。
これを聴くようになって、PCが寝る部屋にあるものだから、
朝おきてから出社までの時間、ながら音楽をするようになった。
さらに、普通だったら絶対に買わないであろう、弩マイナーな曲を選んで聴いたりしている。
さらに、すべてではないが、東京フィルハーモニーの定期演奏会の相当数の録音が聴けるのもGOOD。
チョン・ミョンフンの昨年の指揮の回もあるし、いまだ全部は聴ききれてない。まーその気もない。
とろとろと聴いていこうと思う。

最近のお気に入りは期せずしてともに英国の
エルガー、ヴァイオリン協奏曲
ヴォーン・ウィリアムズ、交響曲3番「田園」
である。
と、なかなか楽しめるし、便利なのだが、2,3点問題点も

・ 基本的にはファイル単位で演奏するため、演奏が連続するような曲だと、0.2秒程度音楽がきれる。
  ここはCDみたいに曲間が無音であるなしを判別できるようにして先読みするなりしてなんとかなりませんかね。
・ 今のところ、曲のダウンロードはできない。ここは将来的にどうなるかはわからない。
  私は今のままで特にこまらないが、どうなのだろう。
・ これは個人的な逆恨みである。
  せっかく買ったNAXOSのCDの一部が思いっきり、かぶっていた。
  もちろんCDはCDとして別に価値があるからいいんだ。(でも、なんかくやしい)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005/01/20

早く登場しすぎたICカード

IC型公衆電話来年3月までに全廃なる記事を発見。
表立った理由は携帯電話の普及による収入減少と2種類のカードを維持するコスト高のためとか。
裏の理由としては、少しだけ早く発表しすぎたため、今の標準仕様とは異なるICカードをこのまま
続けられないということであろう。
でも、こういうのがないと物事は普及しません。
ちょっと残念。

一方で、これにより公衆電話は都市部以外では消え去る方向になったように思う。
いまや小学生の年代でさえ、ある程度の普及率をほこるようになった携帯電話。

もしかしたら、突然隣の人から「緊急連絡したいので携帯電話貸してくれ」と頼まれる機会が
あるかも。
そんな時、私は素直に電話を貸せるだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)