2006/04/16

いくぜ、おのぼりさん(4/16)

F1000229 F1000228 今日は、ちょっと作業をするために日曜だけど早起き。
ほんとは良くないんだけど、やらなきゃならんことはやらんとしゃーないので。

よし、作業は終了っと。で、今日どうしよっかなっと、毎度のものを参照。なるほど、今日は「早慶レガッタ」ね。よしわかった。
今日は、田舎者、おのぼりさんモード全開でいくぜ。浅草へGO。
でついたは浅草は浅草寺。さすがは、日本最大の伝統的国際観光地。
伝統的でなければ秋葉原や新宿かもしれんが、外国人観光客が多い。団体客もいっぱい。町中が土産物屋だけでなりたってるかのようだ。(誇張)
でも関東だと多いようだけど、名前は寺院なのにやっていることは神式に近いよね浅草寺って。(川崎大師もそうだっけ?。浅草神社もあるんだよ、ここ)
線香の煙が漂ってるし、五重塔はあるし、ご祈祷はあるし。うーーむ、中庸?仏神混合?なんでもあり?、同じ敷地に神も仏もある、まさに日本でございます。
F1000230 さらにここ浅草にきたからには一度いってみたかった神谷バーにいくべし。
観光スポットでもあり、地元の社交場としての雰囲気も濃厚に漂わせている店内で軽食+もち電気ブラン(40度)。朝ほとんど何も食べてない胃袋にはちときつい。薬草っぽい味に口当たりもきつめ。チェイサーの水をしっかりと飲み干す。
そんな小僧を尻目に目の前にいる人はコップの黒ビールに電気ブラン(2種類あって、こちらは30度のやつ)をグラス1杯分そのままいれて、さらりと飲み干している、しかもしっかり2杯目の準備をしている。ひーーーー、勝てません。子供は帰らせていただきます。
そうそうに退散して1時頃、桜橋へ到着。
すでに両校の応援団が準備万端、やじりあっている。しかし、早稲田は今日の午後は神宮で東大との試合もあるはずなんですけど、そちらの方はどうしたんですか?
もち、そんなことを確認する術はないし、してもどうなるもんでもないが、同時にこなすことができるところが早稲田が早稲田たる所以なのだろう。それは慶応も同じで、日本の中でこれだけいろんなイベントを行っている大学はこの2校だけ。

ボートは昔一度だけこがせてもらったことがある。スピードが上がると滑空してるかのような爽快感をえることができるが、一つ間違えるとオールの柄が腹に突き刺さりスピードが落ちるまで地獄に落ちることになる。(切腹とはよく言ったものである)

F1000227 F1000226 レースは公式の対抗戦(女子、第2エイト、対抗エイト)の3つを観戦。といっても、ボートの観戦ははっきり言ってヒマ。このヒマを楽しめる人でないとお勧めはできない。ロードレースや駅伝なら先頭が通り過ぎてもある程度後続があってそれを見るなりすることがあるが、ボートは全艇がほぼ平行してやってくるのでそんなもんなし。それが過ぎると次まで30分以上の空き時間が生まれる。
もちろん、その暇を少しでも和らげるために両校の応援団がいろいろとやっているのだが、ネタは神宮といっしょ。私にとってはすでに食傷気味、しかし他の人々にとっては年に1回の「お祭り」の光景。そしてボートという普段ではなかなかニュースとして扱ってくれない種目でどんと目立つ本当に祝祭にあたる舞台。
F1000225 そんなわけで我々観客はプレーヤーのための「サクラ」。時間はたっぷりある、ゆっくり「サクラ」を楽しみましょう。と、長命寺をほうばりながらボートを待つ。
レースは3000mを9分程度で疾走してやってくる。遠くに豆粒のようだった2艇が次第にに大きくなり目の前を通り過ぎてゴールへ。

3レースの結果は全て早稲田勝利。メインの対抗エイトは3年ぶりの奪回。勝利した早稲田のクルーは応援団の前で喜びを発散し、慶応は言葉通りの落ち込みようで漕ぐ力もほとんどなくやっとこさ帰ってくる有様であった。
レースが終わると「サクラ」は言葉の由来通りにあっというまに散っていく。私も帰ろう。昨日は新横浜で私は「サクラ」だった。いろんな「サクラ」になることができるのが、今の自分の楽しみ。といえるのか?電車に揺られながらどうだろうと考えていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/09/19

大相撲9月場所、中日(9/18)

F1000072今日は親族接待の日である。今までの感謝を含めて親族3人を招待した。
東京場所のチケットは購入しづらいかと思っていたが、実際にはあっけなかった。
『砂被り』席以外は全てチケットぴあ等の代理店経由で購入可能。実際ローソンのLoppi端末で購入。枡席B(A,B,Cの順に土俵に近いし枡も心持ち大きくなる)で41200円なり。
安くはないが、人生で1,2回と思えばそれほど痛くない。本当に観たければ、2階の座席券を買えばいい。今は当日券で余裕で入れる。(一番安い席で3600円。まー普通としとこう)
とりあえず、1時過ぎに両国に単身到着。事前に「土産や弁当はいらないから、無理しないでくれ。」となぜかここは釘をさされていたので、相撲案内所(旧、お茶屋。以降お茶屋で)にはよらない。
最近では、お茶屋を介さずにチケットが買える。(私の買い方がそれにあたる)そのため、申し込みさえしなければ、お茶屋からのサービス(セット販売ともいう)は一切受けることはない。必要があれば、頼めばいいだけのこと。そのかわりどのお茶屋が対応するかは選べないのかな。(頼んでないので当然わからず。座布団に1〜20の番号がついている。どうやらお茶屋の番号がつけられているようだ。ちょうどお茶屋の数も20)

F10000711時間ほど、幕下取り組みを寝転んで眺めたあと、再入場用の手続きをしたうえで、国技館を抜け出し、両国駅で再度待ち合わせ。
で、4人で枡に入るとやっぱり狭い。広くしたといってもね。といったくだらない会話をしながら、十枚目(十両のこと)土俵入り、幕下上位の取り組みくらいからみていく。正直、私にとっては最近の十両の力士はわからない人ばかり。でも、次第に取り組みに熱い掛け声がかかるようになり、雰囲気がどんどん楽しくなっていく。塩まき北桜や見事な四股を披露する片山なんかの「一芸」のある力士をみて喜んでいた。
中入り後、「満員御礼」の垂れ幕が下がり、一気に熱くなっていく。ゆるやかなスロープからの眺め。力士のぶつかる音、行事、呼び出しの声がよく響く。国技館はさすがによく考えられている。専用の入れ物の素晴らしさとはこういうことをいうのだ。

F1000073取り組み自体は○高見盛−栃東×、以外は無風であった。やっぱり高見盛の歩き方はなんか変。琴欧州等の東欧系出身の力士は大きい以上に背が高い。あれでは普通の日本人力士では上からつぶされてしまう。すでにそうなりかけだが、格闘技のプレーヤーは外国人ばかりで日本人は観客でしか参加できないなんて時代になってきているよう。
国技館の優勝写真も貴乃花以外は曙、武蔵丸、朝青龍ばかりだった。貴乃花の写真ももうすぐなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/05

横浜公園に春がきた

F1000021
日本の春には野球がつきもの。横浜スタジアムは対巨人戦で開幕。
なんだけど、ちょっと歓声がさみしいような。(仕事中だから観るわけにはいかん)

関内駅前の屋台売りの皆さん。お久しぶり。今年は一杯売ろうね。
7時前で、いきなり弁当300円すか。夕食用に買っていい?。ダメ?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/01/12

日光アイスバックス、神戸にも本拠

毎日新聞の記事に
「日光アイスバックス、神戸にも本拠」との記事が
やはり、栃木では厳しいか。というのが素直な感想。
そして、関西に本拠地を求めるのも自然な成り行きではないかと思う。
人口のあるところで未開拓地として筆頭で候補となる場所ですね。
とにかく、「アイスホッケーって何?」という人たちばかりですから。
立ち上げは大変かもしれない。
一方で、アメフト・ラグビーと「肉弾戦」には慣れ親しんでいますんで。
その部分をうまくアピールできれば意外とうまくいくかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)